• ホーム
  • 女性の性病や性感染症の症状

女性の性病や性感染症の症状

悩んでいる男性

女性がかかる性病の中には、なかなか自覚症状のあらわれないものもあります。
多くの性病では、デリケートゾーンを中心とした部位の痛みやかゆみ、ブツブツ、おりものの量や色、臭いの変化などが症状としてあらわれます。
また、不正出血や膿、排尿時の痛みなどの症状があらわれるものもあります。
他にも、風邪と間違いやすいような発熱や下痢、食欲不振、全身の倦怠感などの症状があらわれます。

黄色や緑色のおりものが出る場合には、トリコモナス膣炎が考えられます。
おりものにより外陰部がかゆくなったり、悪臭がでることもあります。
黄色いおりものの場合は、クラミジアの感染が考えられます。
子宮頚管が炎症を起こした時にもおりものが増えます。
女性は、膣と肛門の位置が近いため、肛門から大腸菌などの雑菌が入りやすいため、膣炎を起こすことがあります。

デリケートゾーンのかゆみは、おりものの量の増加により、デリケートゾーンが湿った状態となり、雑菌が繁殖したことによるものです。
下着を綿100%にしたり、おりものシートなどを使って清潔を心がけていてもかゆみが治まらない場合には、膣カンジダ症やトリコモナス膣炎、外陰炎などが考えられます。
クラミジアや淋病などでもかゆみの症状はあらわれますが、我慢できないほどの強い痒みではないため、感染の有無はかゆみだけで判断することは難しいです。

尿道から膿が出る場合には、淋病やクラミジア、トリコモナス膣炎、カンジダ症が考えられます。
中でも、淋病とクラミジアは多くあらわれやすいです。

女性の場合は、そのまま性病を放置していると不妊症のリスクが生じるため、気になる症状がある場合には、できるだけ早めに検査を受けるようにすることです。

関連記事