性病の感染経路

病原体ウィルス

性病は、空気感染や自然発生で感染するものではありません。
性病は、性行為などによりウイルスや細菌が感染することにより発症します。
ウイルスや細菌は、性病に感染している人の精液や膣分泌液、血液、イボやぶつぶつなどの患部などに含まれています。
成功する相手の性器や肛門、口腔などの粘膜や皮膚と接触することにより感染します。
性病の種類によりウイルスや細菌がいる可能性のある部位は異なりますが、クラミジアや淋菌、カンジダ症、トリコモナス症などは、尿道や精液、尿、外陰部、膣分泌液などから感染します。
また、クラミジアや淋菌、カンジダ症は、口腔による性交で口腔や喉にウイルスや細菌がいる可能性があります。
梅毒やHIVなどは、精液や膣分泌液、血液、肛門直腸にウイルスや細菌がいる可能性があります。

感染を予防するためには、性行為の相手を限定することです。
感染していない者同士の性行為であれば、感染する可能性がなくなります。
ただし、現在のパートナーが互いのみであり、性病の検査を受けてお互いが感染していないことを確認していることが前提条件となります。
性病の中には、自覚症状がないものや症状がでても軽度の場合もあるため、不特定多数と性行為を行っていると感染リスクが高まります。
さらに、不特定多数との性行為の場合は、感染しても誰から感染したかが分からないため、再感染する可能性があります。

コンドームを必ず使用することも感染を予防するためには重要です。
コンドームで予防できないタイプの性病もあるため100%感染を予防することはできませんが、ある程度減らすことが可能です。
ただし、正しく使用しなければ、コンドームを使用してても感染する可能性があるため、注意が必要です。

関連記事